ABOUT

(たすきについて)

一般社団法人たすきの誕生は施設に入っている叔母の存在がきっかけでした。

パートナーも子供もいない叔母は施設への入所も入院の手続きも全て私の父のサポートなしでは出来ない状態でした。

父も高齢で耳も遠いため、老々介護の実態は想像以上に大変だと感じました。

高齢化社会では、生涯未婚だったために家族や頼れる親戚が不在で、入院や入所が出来ずに困っている人がたくさんいるはずです。

訪問介護の事業者が家族の代わりに身元保証人になってあげたという話も聞いたことがあります。家族がいたとしても遠方に住んでいて、日々の生活に支障をきたす高齢者も多いと思います。

そんな方々の困りごとを少しでも解消してもらうために「たすき」は地域に密着した丁寧なサービスを心がけています。

The birth of Tasuki, a general incorporated association, was triggered by the presence of an aunt in the facility.

My aunt, who had no partner or children, could not enter the facility or go through the procedures for hospitalization without my father’s support. My father is old and hard of hearing, so I felt that nursing care was more difficult than I had imagined.

In an aging society, there must be many people who are having trouble being hospitalized or admitted because they have been unmarried all their lives and have no family members or relatives to rely on. I’ve also heard that a visiting care provider acted as a guarantor instead of his family.

Even if you have a family, I think there are many elderly people who live far away and interfere with their daily lives. In order to help these people solve their problems even a little, “Tasuki” strives to provide polite service that is closely related to the community.

「たすき」は家族6人で立ち上げた会社です。

たすきのメンバー6人はそれぞれに別の事業を持つ経営者であり、家族です。

その中には中古物販事業、エアコン&ハウスクリーニング事業、オーガニックスイーツ通販、ネイルサロン事業などがあります。

それぞれの特性を活かして、この一般社団法人「たすき」では、2024年より老人向けの事業に取り組みをスタートしました。

一人暮らしの老人にネイルをして差し上げるボランティアなども可能にするのが私達「たすき」の強みでもあります。

エアコンクリーニングも知らない業者にやってもらうよりは身元保証をしている私達の方が安心感を感じてもらえるのではないでしょうか。

たすきが目指す未来

高齢者社会において、介護はとても深刻な問題です。

介護保険を払っているけれど、それで十分なのだろうかと心配される方も多く、これからの生活における経済的な不安は高齢者の生活の質を落とす原因にもなりかねません。

一方で少子化の進む日本の社会では、経済的な自立は実現できているけれど、家族や頼れる友人がいない為に生活に不自由を感じる方も増えてきています。

「たすき」では、高齢者の経済的不安と身近に家族がいない不安をなるべく感じずに生きていける社会を目指しつつ、自分達ができることを地域社会へ提供していくつもりです。

特に「身元保証」と「生活支援」を事業の中心に置き、

高齢者の生活面での不安を解消できるライフパートナーとしての関わり方をしていきたいと考えています。